SEOUL ACADEMY

  お申込み 無料入門

コースメニュー

韓国語無料入門コース

初級・中級・上級 一般コース

春季・夏期・秋季・冬季 正規コース

初級・中級・上級 会話コース

2ヶ月でマスターする 初級・中級文法コース

短期間でマスターする 初級・中級短期集中コース

韓国語作文コース

韓国語能力試験対策コース

発音コース

翻訳・通訳コース

韓国事情コース

ビジネスコース

高級読解コース

 

ブログ

 

HOME»  ブログ記事一覧»  NEWS»  Vol.717 『‘흰머리’에 대한 건강상식(白髪についての健康常識)』 신은경

Vol.717 『‘흰머리’에 대한 건강상식(白髪についての健康常識)』 신은경

Vol.717 『‘흰머리’에 대한 건강상식(白髪についての健康常識)』 신은경

오늘은 짧은 건강상식 관련 기사를 읽어보도록 하겠습니다.
今日は短い健康常識についての関連記事を読んでみようとします。

‘흰머리’에 대한 기사인데요.
「白髪」についての記事であります。

흰머리가 나면 뽑아야 한다는 생각과는 달리 이 기사에서는 자를 것을 권장하고 있습니다.
白髪ができると抜かなければならないという思いとは違って、この記事では切ることを勧めています。

기사를 한 번 보도록 하죠.
記事を一度見てみましょう。

‘흰머리를 뽑으면 흰머리가 더 많이 난다고 믿고 있는 사람들이 있다. 정말일까?
「白髪を抜くと白髪がさらに増えると信じている人々がいる。本当であろうか。

그렇지 않다. 모낭에서 나오는 머리카락의 개수(1~3개)는 정해져 있기 때문에 흰머리를
뽑는다고 흰머리가 더 많이 나는 것은 아니다.
そうではない。毛嚢(毛包)から出る髪の毛の数は1~3本に決められているため、白髪を抜くといって白髪が増えるわけではない。

다만 흰머리를 뽑은 자리에는 다시 흰머리가 난다. 흰머리를 계속 뽑는 것은 추천하지 않는다.
ただし、白髪を抜いたところには再び白髪が出る。白髪を抜き続けるのは勧めない。

흰머리를 뽑다 보면 모낭이 손상되고, 모발이 자연스럽게 빠지고 자라나는 주기에 인위적인 영향을 줄 수 있다.
白髪を抜いていくと毛包を傷付き、毛髪が自然に抜け、育つ周期に人為的な影響を与える可能性がある。

모발 건강을 생각한다면 좋은 방법은 흰머리를 뽑지 않고 잘라야 한다.
毛髪の健康を考えるなら、良い方法は白髪を抜かず切ることである。

염색도 방법이지만, 접촉 피부염 등의 위험이 있어 두피 모발 건강 측면에서는 좋다고 말할 수 없다.’
染めることも一つの方法であるが、接触皮膚炎などを起こす恐れがあり、頭皮毛髪の健康の側面からは良いとはいえない。」

이 기사에서 한 피부과 전문의는 ‘흰머리는 노화로 인한 멜라닌 색소의 부족이 원인이며, 흰머리를 뽑은 모낭에서 검은 머리가 나올 가능성은 적다’고 합니다.
この記事である皮膚科の専門医は「白髪は老化によるメラニン色素の不足が原因であり、白髪を抜いた毛包で黒い髪の毛が出る可能性は低い」と言います。

그러나 일시적인 병 등으로 인해 흰머리가 생긴 경우에 한해서는 회복 가능성이 있다고 보고 있습니다.
だが、一時的な病気などによって白髪ができる場合に限っては回復の可能性があるとみています。

그리고 모발도 수명과 주기가 정해져 있으며 흰머리를 반복적으로 뽑으면 그 자리에는 머리카락이 나지 않을 가능성이 있다고 지적합니다.
そして毛髪も寿命と周期が決められており、白髪を反復的に抜くと、そこからは髪の毛が出ない可能性があると指摘します。

그렇다면 흰머리를 예방하는 방법이 있을까요?
それなら白髪を予防する方法があるでしょうか。

마사지나 검은콩이 도움이 된다는 설이 있으나 검증된 것은 아니며 흰머리와의 관련성은 희박하다는 것이 전문가의 견해였습니다.
マッサージや黒豆が役に立つという説があるが、検証されているものではなく、白髪との関連性は希薄であるというのが専門家の見解でありました。
 
자세한 내용을 확인하고 싶으신 분은 아래의 링크를 참고해 주세요.
詳細な内容を確認されたい方は以下のリンクをご参考ください。
 
記事の出所 : https://health.chosun.com/site/data/html_dir/2021/04/22/2021042200873.html
 

2021-09-18 14:51:38

NEWS